バイリンクつぼみの会に行ってきました。『母乳育児』

バイリンクつぼみの会に行ってきました。『母乳育児』

講演会は、
母乳育児からの発信
   くすりのキュートの倉光先生とムラタ薬局の村田先生の
   母乳育児活動を通しての素敵な気づきのお話

命の現場からの発信
   ユニセフ『赤ちゃんに優しい病院(BFH)』の認定を受けている
   くまがや産婦人科の熊谷先生と内野産婦人科の内野先生の
   出産現場からの話でした。

昔はあたり前だったことが、今は難しくなっているとのこと。
 昔は、自宅で出産し、そのまま赤ちゃんと一緒が当たり前でした。
 もちろん母乳も当たり前でした。
 今は、入院中は別室、ミルクを足すのが一般的になっているようです。

この産婦人科は、
 分娩直後から完全母子同室制でされています。
 産後すぐにカンガルーケアをすると、赤ちゃんは、おっぱいを飲もうとするそうです。

 そういえば、動物の赤ちゃんも、生まれてすぐに、おっぱいのところまで自分で行きますよね

 お母さんの方も、おっぱいを吸われることで、オキシトシンというホルモンが分泌されて子宮収縮の後押しします。

この頃のお母さんたちの中には、母乳が足りているのか不安
本に書いてある量、母乳がでているのか心配だから、絞って量って飲ませてもいいですか?
という方もいらっしゃるそうです。
 このようなときは、
  赤ちゃんのほしい時にほしいだけ母乳を飲ませたらいい。
  回数も時間も関係ないと指導されているそうです。

逆に、母乳で頑張ろうと思っているのに、お母様やお姑さんにミルクを足した方がいい。といわれたりと、色々悩みがあるようです。(お母様やお姑さんの時代は、ミルク全盛期の頃なので、ミルクを飲ませるのが当たり前だったので・・・)

ミルクと違って、母乳はすぐお腹をすかせて、ちょこちょこ起きるから母乳育児は辛い といわれる方もいらっしゃいますが、考え方を変えれば・・・
 お腹がすく消化が良い
 ちょこちょこ起きる母と子のスキンシップを多く持てる
だから、つらいものではなく、かけがえのない幸せな時間なんです。

また、授乳中の食生活についても母親学級で話されています。
 赤ちゃんはとても味覚が鋭く、赤ちゃんの好む母乳、好まない母乳があります。 
 お母さんの食事の内容により、赤ちゃんのお乳の飲み方に差が出てきます。
 妊娠中・産後の食事指導もされています。

今年になってから、バイオリンクのサンプルを希望の方に差し上げているとの事
  これを始めてから、新生児黄疸・遷延性黄疸の減少、
  母乳をよく飲むようになる、貧血の早期改善、乳腺炎の予防、
  乳児湿疹の減少、子宮筋腫の縮小など見られるそうです。

スタッフNの感想
『命の現場からのメッセージ』をきいて
自分自身が出産する時、カンガルーケアや母乳育児の事を
知っていたら、どうだったんだろう?
自分の自信のなさから、フラフラした子育てをしたんじゃないか・・・と反省する時期もありました。
熊谷先生と内野先生のお話を聞いて、いのちの素晴らしさ、愛おしさという根っこの部分の大切さに気づき、それにむきあっていく心構えが、あの頃の自分は、未熟だったんだなぁ~ それを具体的にどうしたらいいのか、わからなかったんだなぁと納得しました。とてもよいお話を聞かせていただきました。、今は、なんだか、とてもすがすがしい気持ちです。心洗われました。

バイオリンク写真

関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索