美しい髪でいるために(*^▽^*)

美しい髪でいるために(*^▽^*)


中医学では、髪は『血余』といい、血の余りと考えられています。
これは、血が十分にあって体内をスムーズに巡っていれば、髪を健康に保つことができるということです。
血の貯蔵庫である肝がストレスなどの影響をうけると、血の不足や血行不良になったり、
また、女性は、月経でほぼ毎月血液を出していますので、血液が不足しがちです。
そうすると、髪のトラブルが増えてきます。

また、髪は「腎の華(じんのはな)」ともいわれ、
生命エネルギーの源である腎の「精」が充実していれば、丈夫な髪が育つと考えられています。
腎の精は年齢とともに自然と衰えていくため、加齢によって髪の元気も失われてしまうのです。
このように、髪のトラブルは頭皮や毛髪だけの問題ではなく、体内の健康状態と密接な関係があります。

細くつやののない髪『気血不足』タイプ
血が不足することで、髪にも栄養がいきわたらず、ハリのない髪になったり白髪が多くあらわれたりします。
 髪の原料となる血液を補給しましょう。

加齢による髪の衰え『肝・腎の虚弱』タイプ
腎の精は年齢とともに自然と衰えていくため、加齢によって、脱毛や白髪が多くあらわれたりします。
 体質に合わせた補腎薬を使いましょう。

イライラは髪のトラブルのもと『ストレス』タイプ
過度なストレスを受けると、血の流れが悪くなり、栄養が髪まで届かなくなります。
 ストレス発散と、気・血の流れを良くすることが大事です。

脂っぽい頭皮が気になる『湿熱』タイプ
身体に溜まった汚れが脱毛や抜け毛を引き起こします。
 余分な熱や湿気を取り除きましょう!

漢方で、髪のトラブルを改善しましょう

SN3R0948.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索