血圧を正常に保つためには・・・

血圧を正常に保つためには・・・

血管内を広く、血管の内側をツルツルにして、血液をサラサラ流れやすくすることが大切です

ストレス解除

おしゃべりをする、歌う、スポーツで汗をかくなど、好きなことをしてストレス発散しましょう。

料理に青じそ、しょうが、山椒やハーブなどスパイスなどを使ったり、酢の物や梅干など酸味を摂ってストレスに強くなりましょう。

香りのいい入浴剤をいれて、リラックスしましょう。

バランスよい食事

緑の濃い野菜と吸収のよい動物性鉄やたんぱく質(赤味のお肉)をしっかりとって、新しい元気な血液を作りましょう。

牛や豚などの動物性脂肪は、コレステロールとして体の中で作られるホルモンや胆汁の原料となりますが、とり過ぎると、血液がドロドロして瘀血になります。注意してください。

青魚の油は、血液粘度を下げてくれます。

高脂質に砂糖が加わると、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞、脳梗塞の発生率が上昇します。コーラや缶コーヒー、ジュースなどには、砂糖が多く入っているので、気をつけましょう。

塩分も体に必要なミネラルですが、取りすぎには気をつけ、体内の余分な塩分を排泄する作用があるカリウムを取りましょう。

ご飯や麺類、甘い物など糖質は、体や脳のエネルギーとして燃えますが、余ってしまうと中性脂肪となり、血液の粘度を上げてしまいます。油を燃やすときは、マッチと空気がいるように、体内の脂を燃やすときには、ビタミンミネラルが欠かせません。豆類や海草、貝類、野菜などを毎日しっかり取りましょう。

運動

車や冷暖房などでカロリーを消費する機会が減っています。

毎日歩くことで、余分な脂肪がたまるのを防ぎます。また足は第2の心臓といわれているように、歩くことで全身の血液循環もよくなります。

以前は、1回に20分以上まとめてやらないと運動効果はないと考えられていましたが、最近では、細切れであってもやりつづけることが大事だといわれています。
だから、早歩きを通勤時の往復に10分ずつ、昼休みに15分やれば、りっぱな運動になります。

規則正しい生活

十分な睡眠をとると、夜に血圧を下げて心臓や血管の負担を減らします。

たばこは控えましょう。

便秘のときのいきみは血圧を上げるので、便秘解消に努めましょう。

40歳になったら、全身の血の流れをイキイキと保ち、血管の若さを保つ努力をしましょう。
そうすれば、突然死、痴呆、寝たきりの予防することができるのです。
予防に勝る治療はありません。


  薬局では、こんな話をしたり、血圧を測ったり、その人にあった漢方を選んだり・・・・・・・世間話をしたりしています。

SN3R0726.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索