眠りのはなし

眠りのはなし

こんなことありませんか?

眠って起きた時ぼーっとする
疲れが取れていない
夜寝たはずなのに、昼間眠くてたまらない
体がシャキッとしない
など・・・

人は、眠っている間に脳と体を休ませて一日の疲れをとり、次の日の活動に備えます。
質の悪い眠りでは、疲れが取れないままです。

眠りには、レム睡眠とノンレム睡眠があります。
一般に、この2つの睡眠が繰り返しておきます。

ノンレム睡眠は、細胞を修復するホルモンが多く分泌され、脳の回復や修復を行い、疲れをとる重要な役割をしています。
特に、はじめの90分は大切です。
・・・きれいなお肌のためにも・・・

レム睡眠は、筋肉の緊張を緩め、体の疲れを取ってくれます。
また、記憶の固定と整理が行われていることがわかっています。

心と体の健康には、ノンレム睡眠とレム睡眠の両方とも必要です。

よい眠りを得るためには、眠るための準備が整わなくてはなりません。そのためには、脳への栄養補給と体と脳の細胞にかかるストレスを軽くすることが必要です。

脳内に睡眠物質が満たされることが、質の良い眠りの準備
睡眠物質は、ブドウ糖・アミノ酸を原料とし、亜鉛・セレン・銅・ビタミンB12などのミネラルビタミンの働きによってつくられます。

過剰に活性酸素を処理してよい眠りを。
1日起きていると人の体の中には、活性酸素がたまります。
過剰な活性酸素が脳たまると、眠るための信号の伝達が滞り、良い眠りが得られなくなります。
脳の中の過剰な活性酸素を消すことも、良い眠りを得るためのポイントです。

この二つを兼ね備えているのが、牡蠣(オイスター)
牡蠣(オイスター)には、質の良い睡眠物質を作るための栄養素、ミネラルビタミンが豊富。
また、脳内の活性酸素を消すことのできる抗酸化物質は、CG7 (ワタナベオイスターの特許)

良い睡眠を十分にとり、心も体も元気な朝を迎えましょう

不眠




関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索