衛益顆粒・・・防衛能力を上げる

衛益顆粒・・・防衛能力を上げる

ウイルスや細菌、花粉などから体を守るには、「衛気(えき)」のチカラが大切です

衛気とは、皮膚や鼻・気管支などの粘膜細胞を強化して免疫力を整え、外的刺激から体を守(衛)るという意味です。
いわば、体の表面にバリアを張り巡らせて、邪気(ウイルスや細菌、花粉、ホコリ、化学物質などさまざまもの)の侵入を阻止し、病気になる前に防ぐのです。
私たちの体を病気から守ってくれる「第一次防衛ライン」ともいえるものです。

今、衛気が不足している状態「衛気虚(えききょ)」が多くなっているそうです。

不規則な生活や食生活の乱れ、運動不足、生活環境などにより、皮膚や粘膜の免疫力は低下し、外的刺激の影響を受けやすくなります。
具体的には、風邪をひきやすい、疲れやすい、呼吸器系の異常、多汗、季節の変わり目や気温変化に体調を崩しやすいなどの症状が表れます。

・・・イスクラ衛益顆粒S・・・

皮膚や粘膜を強化する黄耆(おうぎ)を中心に、白朮(びゃくじゅつ)、防風(ぼうふう)を組み合わせ、衛気虚(えききょ)による諸症状を改善します。

また衛気を充実させ、免疫力を高めるために、適度の運動、 気温に合わせて衣服を調節することをお薦めします。


衛益顆粒






関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索