冠元顆粒について

冠元顆粒について


冠元顆粒は・・・
 丹参(たんじん)と5種類の生薬から構成されています
「タンジン(丹参)」「コウカ(紅花)」 「センキュウ(川きゅう」
「シャクヤク(芍薬)」 「モッコウ(木香)」「コウブシ(香附子)」
 効能・効果は
  中年以降または高血圧傾向のあるものの次の諸症: 
    頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸

中年以降または、高血圧傾向の方の多くには、血液の循環が悪くなり、
頭痛・頭重、肩こり、めまい、動悸といった症状があらわれる方がいらっしゃいます。
中医学では、このような症状の人を『瘀血(おけつ)証』といいます。

瘀血(おけつ)とは、
 一言でいえば、「血液の流れが悪くなった状態」のことです。
 ネバネバして流れにくくなり血液循環が悪くなったり、
 血液が血栓のように塊になってしまったり・・・

瘀血(おけつ)になると、
 身体の局部あるいは全身に★痛み★しこり★うっ血★あざ・黒ずみ★があらわれます。

冠元顆粒は “瘀血” をとって血の巡りを改善する漢方薬です。

私は、血圧は正常なのですが、首すじのこり、頭痛があり、飲んでました。
  今は、予防を兼ねて、1日1包お湯に溶かして毎朝飲んでます
スタッフは、頭痛、頭重で気分がスッキリしないので飲んでます。
  飲んだ時と、飲まない時は、雲泥の差です


指パンダ1

関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索